兵庫県神戸市北区道場町日下部字才谷1835 TEL:078-952-5252

ホーム > 診療案内 > 経鼻内視鏡カメラ

経鼻内視鏡カメラ

経鼻内視鏡カメラ

オエッとならない内視鏡カメラ

経鼻内視鏡検査は、経口内視鏡に比べ苦痛が少ないことが評価され普及している検査です。
胃カメラというと、「オエッ」となり、苦しいというイメージがありませんか?
「オエッ」となるのは、カメラが下の根元に触れるので咽頭反射が起こります。
経鼻内視鏡の場合は、下の根元には触れにくいため、吐き気をもよおすことなく検査が受けることができます。また、検査中、口がふさがることがないので医師と自由に話すことができます。また、最近では、検査中に胃の動きを止める薬も胃の中にまくだけで、注射を行わなくてもいいようになっています。麻酔の量も少なく、体に優しい検査と言えます。

経鼻内視鏡の特徴

内視鏡スコープの比較


内視鏡スコープ比較

内視鏡カメラ

経鼻内視鏡カメラは経口内視鏡カメラに比べて半分ほどの太さです。
当院では、とてもやわらかく細い内視鏡カメラを使用しております。



スコープ視野角の比較
スコープ視野角比較

当院では、視野角の広いスコープを利用しておりますので、より細部まで視ることができます。

内視鏡検査の流れ

①問診 危険を回避するための事前チェック
問診
②胃の中をきれいにするために消泡液を飲みます。
消包液
③鼻腔に局所収縮剤をスプレーします。(出血を予防し、鼻の通りをよくします。)
局所収縮剤
④鼻腔内に麻酔薬を注入します。
麻酔薬
⑤鼻腔に、麻酔薬を塗ったチューブを挿入して、鼻腔の局所麻酔を行います。(痛みが抑えられ、内視鏡が通りやすくなります。)
鼻腔の局所麻酔
⑥鼻からの内視鏡検査
鼻からの内視鏡検査
⑦検査中でも医師と自由に話すことができます。
鼻からの内視鏡検査2
⑧帰宅 眠くならないのですぐに日常生活戻れます。
帰宅

ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎

平成25年2月に胃潰瘍、十二指腸潰瘍だけではなくヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に対する除菌が保険適応になりました

ヘリコバクター・ピロリ菌は胃の粘膜に生息しているらせん形をした悪い菌で、主に胃や十二指腸などの病気の原因になります。
子供の頃に感染し、一度感染すると多くの場合、除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。ピロリ菌に感染すると、炎症が起こりますが、この時点では、症状のない人がほとんどです。
この感染が続くと、慢性胃炎になり胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんを引き起こすと言われています。ピロリ菌を除菌することで、胃がんのリスクを減らせる可能性があります。

△ページの先頭に戻る